【転職活動をスムーズにするために】職活動の不安を取り除く事前準備と対処法

未分類

「転職活動をするのは初めてだから、何をしたらいいか分からない。」
「転職活動は、内定がなかなかもらえないイメージがあるから不安。」
このような気持ちが拭えず、転職活動に踏み出せないのではありませんか?

この記事では、転職活動の不安を取り除くための事前準備と不安になったときの対処法をご紹介します。

~転職活動の不安を取り除くための事前準備~

この章では転職活動中に不安にならないためにやっておきたいことをいくつかご紹介します。

①なぜ転職したいと思ったのかを書き出しておく

転職活動中に不安になってしまう最大の要因は、何十社と選考を受けて決まらないことです。そのような状態になっているときは、不安でいっぱいになって
「なぜ転職活動を始めたのか。」
という本来の目的も忘れがちになってしまいます。
そんな時に目的を思い出すことができるように、転職に対する思いを書き出して目に付くところに貼っておきましょう。
そうすることで、心が折れそうになったときに心の支えになってくれます。

②転職支援サイトに登録しておく

リクナビやマイナビといった転職支援サイトにいくつか登録しておきましょう。

転職支援サイトに登録しておけば、転職活動を始めた際にスキルやこれまでの経験をもとに、自分に合った転職先を紹介してもらえます。
それだけでなく、定期的にメールマガジンで面接対策法や転職の成功体験などの情報を知らせてくれますのでとても役に立ちます。

③できるだけ色々な資格を取得しておく

転職活動は、就職活動と違って中途採用ですので、採用人数が少ないです。
高い競争率の中で採用を勝ち取るためには、自分の強みをアピールしていかなければいけません。その際にいろいろな種類の資格を取っておけばアピールしやすくなります。

資格の種類にもよりますが、最短1か月で取れる資格もたくさんありますので、取得しておくと良いでしょう。

おすすめの資格は、世界的に通用するTOEICやTOEFLを取得しておくと外資系の企業にやホテルマン、英会話講師といった職種に転職することも可能になるのでおすすめです。

④希望職種は、幅広く考えておく

よくある間違った転職活動のひとつが、以前勤めていた職種にこだわり過ぎるあまり、内定がもらえないというケースです。
転職は、まだ見ぬ自分と出会うことができるチャンスでもありますので、それまで挑戦したことがない職種に応募することで、内定する確率が、かなり上がります。

⑤自己PRを考えておく

転職の場合は、これまでの実績をエピソードとして交えながら自己PRを考えていくことで、説得力のある自己PRになります。
さらに、希望の職種ごとに3~4種類の自己PRを考えておくと転職活動を行うことができます。

⑥面接練習をしっかりしておく

転職活動の成功の別れ道が面接です。書類選考は通過するのに、面接試験で落ちてしまうという方は、本番で実力を発揮できないタイプかも知れません。
そのような方は、自信が持てるまで面接練習をやってみましょう。

☆面接練習をする時は、家族や友人、同僚などできるだけたくさんの人に面接官役をやってもらうことで、どんな面接でも冷静に対応できるようになります。

⑦必要な書類を準備しておく

職務経歴書やエントリーシートといった必要書類は早めに準備しておきましょう。
というのも、選考に関係する書類は、企業に早く届けば届くほど熱意が伝わるので心証が良くなります。
ですので、書類受付開始、初日に届くように準備しておきましょう。

エントリーシートを書くときは次のことに注意しましょう。

①証明写真は写真館で撮影したものを使う

スピード写真も写真館で撮影したものも変わりがないのでは?
と思われるかも知れませんが、スピード写真で撮影したものは、顔色が暗めに写ってしまうことが多いです。
一方、写真館でプロに撮影してもらったものは、顔色や笑顔の印象良く撮ってくれます。
証明写真は、相手が初めて顔を確認する機会になりますので、できるだけきれいに写ったものを選ぶようにしましょう。

②志望動機

志望動機は最も大切な部分です。志望動機は、企業研究をもとに考えておくと良いでしょう。

☆志望動機は、その企業のどんなところに魅力を感じたのかを中心に。それに加えて、今後その企業でどのように活躍したいかを具体的に明記しておきましょう。

③長所・短所

長所・短所の欄を記入するときは、自己分析と他己分析の結果を参考に

して書くと、客観的に自分の性格を分析することができます。
インターネットで「自己分析・他己分析 ツール」と検索するとででくるので、ラインやメールなどで周りにアンケートを頼むことでより正確に自分の性格を知ることができます。

☆短所を書くときは、短所を述べたあとにどのように改善していくかを述べると好印象になります。

エントリーシートを書くときにはこれらのことに注意してエントリーシートを作っていきましょう。

職務経歴書は、様式によって書き方が変わってくるので、自分の書きやすい様式のものを選ぶようにしましょう。
下記に職務経歴書を書くときのポイントをまとめておきますので参考にして下さい。

―職務経歴書を書くときのポイントー

①実績はできるだけ詳しく記載する

業務実績は、できるだけ詳しく記載するようにしましょう。
そのためには、これまでの実績を整理しなおして具体的なエピソードとともに書くと、分かりやすく説得力のある職務経歴書に仕上がります。

②転職回数が多いときは書き方を工夫する

転職回数が多いと、長続きしない人という印象を与えてしまうので、同じ職種は一つの項目にまとめるというような工夫をしましょう。

職務経歴書を書くときはこの2点に注意して書くようにしましょう。

このように書類の準備は時間がかかるので、余裕を持って準備しておきましょう。

また、ご紹介した事前準備は必ずやるべきことなのでしておきましょう。

~転職活動に不安になったときの対処法~

前章で、不安にならないための事前準備についてご紹介しましたが、どれだけ準備しても実際に転職活動をしてみると、不安になってしまうことが多かれ少なかれあります。

そこでここからは、転職活動中に不安になったときの対処法をご紹介していきます。

①どこでも良いから内定をもらう

不安になってしまう最大の原因は、内定を貰えていない状態が続いているときです。
不安になっていると焦りもでできます。
不安や焦りは、面接試験でも自然と雰囲気になってでてしまいます。
ですので、できるだけ多くの企業を受けてとりあえず内定をもらっておきましょう。

一つでも内定をもらっていると気持ちに余裕ができるので、その他の企業の選考をリラックスして受けることができるので内定をもらえる可能性が高くなります。

②相談する

行き詰っているときに一人で考え込んでいると、さらに不安になってしまうのでネガティブになって気分が落ち込んでいまいます。
そんな時は誰かに相談してみましょう。
相談する相手は、家族でも友人でも恋人でも話しやすい人で構いません。
話を聞いてもらえるだけで気持ちはずいぶん楽になります。

③思いっきり泣く

寝る前や一人になったときに思いっきり泣いてみましょう。
泣くことで感情を爆発させる事ができるので、不安な気持ちも和らぎます。
それだけでなく、ストレス発散にもなるので一石二鳥です。

④失敗経験を次に活かそうと心がける

「失敗は成功のもと」
ということわざがあるように、転職活動でも失敗経験を次に活かしましょう。
書類選考で落ちてしまう人は、正しい文章になっているか・志望動機がありきたりになっていないか・自己PRが主観的になっていないかなどもう一度、見直してみましょう。
面接で落ちることが多い人は、質問に的確にそして簡潔に答えることができているか、姿勢や言葉遣いは正しいかなどをもう一度確認してみましょう。

☆面接練習をする時にビデオを撮って録画したものを繰り返し見直すことで、自分の癖が分かるので改善しやすくなります。

このように失敗経験を次に活かそうと心がけることで、不安を活力に変えることができます。

~まとめ~

転職活動は、長期戦ですので焦りや不安も出てきますが
「キャリアアップしたい。」
という気持ちや周りの人の支えがあれば希望の企業や職種に転職することができます。

転職を成功させる秘訣はあきらめない心を持ち続けることです。
まずは、一歩踏み出してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました